« 水ぬるむ | Main | 休みというのに »

April 25, 2005

カレー

今日のお昼はカレーでした。コツというほどのものではありませんが、玉葱を茶色になるまで炒めると味に深みが出ますね。あと小さな鍋で作るより大きめの鍋で作ったほうが美味しく出来るような気がします。市販のルーを使って仕上げましたがなかなかの出来でした。たまにカレーが食べたくなる時ってありませんか。

|

« 水ぬるむ | Main | 休みというのに »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

タマネギを飴色にするのは
根気がいります^^;

お店で食べるオニオングラタンスープは、飴色でおいしいですね。
男の人がハリキッて作る時って、結構おいしいんですよね。
私もミートソースをトモダチのご主人レシピでごちそうななったらおいしくて、以来ウチでも作って好評です。やはりタマネギかなりたくさん炒めるし豪快なミートソースです(笑)

夕べは、豚足を食べて、余った豚足が一本あったので、ネギやタマネギと煮込んでラーメンスープに挑みましたが、途中でポトフに変わりました^^;

Posted by: HANAHANA | April 25, 2005 at 06:53 PM

今迄、たまねぎが、茶色になる一歩手前くらいで良しとしていましたが、今度は根気強くやってみたいと思います。
わが家では、にんにくを一かけらスライスして炒め、香りが出てから野菜やお肉を炒めています。あくも丁寧にすくうと一味違う気がします。

Posted by: 梅もどき | April 25, 2005 at 11:24 PM

カレー食べたくなる時ありますよね(牛丼もそうですけど)。たいてい我が家はつくりおきしたカレーを冷凍してます。

今は市販の「炒め玉ねぎ」もあるので、手抜き派にはいいかもしれませんね。水なしカレーとかも好きですよ。

Posted by: あく | April 26, 2005 at 05:26 AM

HANAHANAさん
 ポトフもいいじゃないですか。洋風煮込み料理の基本ですね。ミートソースはマッシュルームが入ると食感がなんともいい感じになるんですよね。

梅もどき さん
 あくをていねいに掬うと仕上がりがきれいでまろやかになりますね。玉葱は茶色になるまでなのですが、私もどのくらいまで炒めればいいのか躊躇していた時期がありました。カンター形式のカレー屋さんで(ほんとにインド人が作っている。実はパキスタン人なのですが)仕込み風景を盗み見たところ、かなり茶色になるまで炒めておりました。以来、茶色になるまで炒めております。

あくさん
 カレーの持つ魔力といいますか、食べたくなるとカレーのことばかり考えてしまう事がありますね。水なしカレーとは野菜の水分だけでカレーを作るのですか?それともドライカレーのことですか?

Posted by: つかまん | April 26, 2005 at 05:19 PM

わしもカレー作るときはアメ色たまねぎからはじめるのですが…最近はクッキングカッターなんて便利なもんがあるので、それで粉砕して早くアメ色になるようにしています。
完全に手抜きですな…オトコの手料理ならもっとこだわらねばならぬのに。

他にも大学の一人暮らしの時に色々研究してみまして、一番美味しかったのがトマトを粉砕して一緒に煮込んだカレーです。
ぐちゃぐちゃにして1時間程。
ハヤシライスとカレーの又従弟みたいな味で美味しかったです。

Posted by: ハンジュ。 | April 26, 2005 at 11:49 PM

よく、カレーの隠し味ということでいろんな物を入れてコクを出すというのがありますね。曰く、バナナ、これはチャツネの替わりかな。曰く、粉末コーヒー、魔法のカレーになるという。本当かな。あとは醤油ひと垂らし、ウスターソース、トマトケチャップ等々。おもしろいテーマかも知れませんね。

Posted by: つかまん | April 27, 2005 at 04:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33500/3851378

Listed below are links to weblogs that reference カレー:

« 水ぬるむ | Main | 休みというのに »