« July 2008 | Main | September 2008 »

August 2008

August 28, 2008

バリウム飲んだ

市の集団検診でバリウムを飲み、胃のレントゲンを撮りました。病気自慢、検査自慢をする年になった訳じゃありませんが、初めてバリウムを飲んだのでネタにしてみました。まずお腹を膨らませる薬(発泡剤)を飲んでゲップを我慢しバリウムを飲みました。ちょこと撮影したところで、お腹が充分に膨れなかったらしく再び薬を飲む羽目になりました。実はゲップをしそうになり堪えるも鼻からゲップがもれてたんです。それからなんとかゲップをこらえて撮影終了。夕食を食べてから約15時間くらい経っているのですが発泡剤でお腹を膨らませたので終った後は不思議と空腹感が無くなってました。バリウムの味は随分改良されていてそれほど飲みづらくなかったです。

下剤をもらいバリウムを排出する訳ですが、緩やかな効き目の下剤だったようで油汗を流しながら緊急にトイレを探すという杞憂していた事態にはならずに済みました。ふ〜。やっぱり検査は嫌ですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 23, 2008

秋の気配

Dsc00483数日前までは暑かった記憶があるのですがめっきり秋めいてきました。でもまだ夏が盛り返してくるとのことなので油断は出来ませんが過ごしやすくなって来ました。以前にもちょっと取り上げましてまたまたなのですが、ちたけを頂きました。うどんやそばの出汁としてなかなか乙な味になります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2008

高校三年生

お盆も終り、仕事も一段落で上野広小路亭に行って来ました。今回は落語ではなく講談が中心のメンバー。古典、新作と色々なお話しを聞く事が出来ました。その中で一番心に響いたのが新作なんですけど、「高校三年生」。そうですね、舟木一夫さんの往年のヒット曲です。あらすじは聾学校で教鞭をふるう舟木一夫のファンの先生が生徒達の卒業式の余興に手話で高校三年生を合唱することを提案するというものなのです。そして最後には声を出せない生徒達が「も〜〜」と声帯を振るわせて合唱するというハートウオーミングなお話でした。口演は神田愛山先生でした。

今、いろんなヒット曲が生まれてきますが、老若男女合唱出来る楽曲がない時代なんですね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 16, 2008

もんじゃ記念日

Imgp17068月15日は世間では終戦記念日。戦争を知らないおっさんとなってしまった私ですが、戦争の悲惨さを語り継ぐことは大切だと思います。

良い年をこいてしまったのですがまだもんじゃ焼きというものを実は食べたことがありませんでした。先日、後輩の一人が私の店に買い物に来てくれて8月15日に集まりがあるので時間があったら出席してくださいと招待を受けました。幸い、時間が取れたのなんとか出席できました。場所は近くのお好み焼きともんじゃのお店です。で、生まれて初めてもんじゃ焼きなる物を食べる事が出来ました。なかなかおいしい物ですね。会の方はゲストの私でしたがしゃべりモードが爆裂しましていっぱい喋ってきました。(←珍しいことです)出席の皆さん、お疲れさまでした。そしてありがとう。写真が希望の方がいましたら、コメントしてくださいませ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 13, 2008

お盆入り

Dsc00472

暮れてなほ
 命の限り
  蝉しぐれ

自分で詠んだのならいいのですが、中曽根元総理の句だそうです。上手いもんですね。

私だとせいぜい

行く夏や
 精一杯に
  蝉の声

といったところでしょうか。
  
  写真の蝉を取った時に蝉が飛び立ちあやうくおしっこ(本当は違うらしいが)を引っ掛けられそうになりました。

 蝉木立 
  カメラ構えて
   貰い水

となるところでした。

お盆入りで少々忙しくなります。今日、IKEさんが近くまで来たとのことでわざわざ立ち寄ってくれました。もうすこし暇だったらランチをご一緒できたのに残念です。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 07, 2008

山谷ブルース

Dsc00468_2あしたの丈をご存知ですか。昭和を代表するボクシング漫画ですね。舞台となったのが泪橋。南千住のあたりです。小さい頃、叔父さまに連れられて浅草あたりをぶらつき、なぜか山谷のあたりまで行き、この辺は昼間からお酒を飲んでいる人が多いから気をつけなさいと言われました。その時のイメージでなんか立ち飲みをしている人がいっぱいいたような記憶があったのですが、それも山谷というイメージを植え込まれたもので実際の山谷ではなかったのかも知れません。フォークの神様ともいわれた岡林信康も底辺の暮らしを体験すべく自身が山谷で暮らし、労働者の哀歌ともいうべき山谷ブルースを発表しました。以前から興味がありました南千住に行ってきました。が、つくばエクスプレスの駅が出来、駅周辺も再開発となりかつての山谷はひっそりとしてました。今は外国のバックパッカーのほうが目立つくらいでした。立ち飲みしてきたかったのですが、駅近くのお店は4時半からということで時間がなくタイムアウト。駅、近くに銭湯が見つけたのが唯一の収穫といえば収穫でした。次回はもうちょっと調べてから訪問したいです。
Dsc00466_2

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »